農業体験実習館
 舟形町の猿羽根山(サバネヤマ)に農林水産省の補助金を受
 けて、昭和60年に農業体験実習館が設置されました。
 農村地域にありながら、農業体験のなくなってしまっ
 た子供たちに農業を理解してもらい、農業の大切さを
 学ぶための施設です。
 勿論、一般の方の利用もできます。
 体験実習館は、研修室(2部屋)、食堂、調理室、風呂、
 宿泊室(8部屋)があり60名が宿泊可能です。
 利用者が自炊することもできます。
 渡り廊下で、トレーニングセンター(体育館)とつな
 がっており一体的に利用することが可能です。
 周辺には、屋外炊事場、多目的広場、遊歩道、農園(30
 アール)、動物とのふれあいコーナー(ポニー2頭、に
 わとり、うさぎ)があります。
 レンタル農園(10坪1,000円)もあり、自分で農産物を
 育て、収穫することもできます。
 農業指導員が親切に作業を指導してくれます。
 また、農業体験実習館の研修室には世界で初めてという
 「雪冷房システム」が導入されています。
 冬には、農業体験実習館のすぐ前がスキー場(450mコー
 ス)になります。
 夜間照明も整備されており、仕事の帰りに一滑りするの
 も中々いいものです。
  
 ■公営宿泊施設
 <利用内容>
 ・申し込み方法
  1.利用希望日を電話等で問い合わせください。
  2.使用の許可申請書は体験実習館か役場農林課で手続
   きをしてください。
 ・食事 自炊
 ・携行品 宿泊の場合、バスタオルを持参してください。
 ・利用期間 4月1日〜3月31日
 ・日帰り研修は午前9時から午後5時まで。
 ・宿泊研修は翌日午前10時まで。
  
 ●世界初の雪冷房システムを使用
 雪は夏季間、冬に降った雪を貯蔵して初めてエネルギー
 の役目を果たします。
 毎年、冬になると確実に雪が降ってきます。
 私たちの周りには、未来の高価な第三のエネルギーが無
 限に眠っています。
 資源として枯渇の恐れが少なく、環境を汚染する心配も
 少ない優れた雪国固有の資源なのです。
 雪の特性として、優れた貯蔵性があり、長期貯蔵が可能
 です。
 更に、雪は優れた経済性、安全性、生活性、多用途性が
 あります。
 このように、無限の魅力を秘めているのが雪であります。
 エネルギー資源の大部分を他国に依存しているわが国の
 現状を考えるとき、毎年、変わらずに供給される「雪」
 は、非常に安全で安定したクリーンなエネルギーです。
 この度、国土庁と山形県の協力を得て、世界でも初めて
 という「空気と雪の直接熱交換」による雪冷房システム
 を農業体験実習館に導入することができました。
 電気エネルギーと比較して、大幅にコスト軽減を図るこ
 とができます。
 環境にやさしいエネルギーシステムは地球環境への貢献
 を図ることが可能です。




住所 山形県最上郡舟形町舟形小田山2679
アクセス JR舟形駅より車で約5分
予約 必要
問い合わせ先 TEL : 0233-32-3450  農業体験実習館                      
その他 他の連絡先 舟形町役場農林課 0233-32-2111
*事前に電話での予約が必要です。
また、シーツのクリーニング代は別途頂きます。



戻る