概要

最上広域市町村圏事務組合は、山形県北部に位置する、最上8市町村

(新庄市・金山町・最上町・舟形町・真室川町・大蔵村・鮭川村・戸沢村)

で構成されている一部事務組合です。

 
設立
昭和45年11月12日(指令地第12454号)
 
組合の共同処理する事務

  •  最上広域市町村圏振興整備計画の策定並びに当該計画に基づく事業の実施及び連絡調整に関すること。
  • 消防(消防団及び消防水利に関する事務を除く。)及び救急業務に関すること。
  • ごみ処理施設、し尿処理施設の設置及び管理運営に関すること。
  • 教育研究センターの設置及び管理運営に関すること。
  • へい獣処理施設の設置及び管理運営に関すること。
  • 広域医療システムの整備に関すること。
  • 総合開発センターの設置及び管理運営に関すること。
  • 広域交流拠点施設の設置及び管理運営に関すること。
新庄市、金山町、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村
  •  最上広域駐車場の設置及び管理運営に関すること。
 金山町、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村
 
組織図